借金返済のためのお助けノウハウ!!

ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

個々人の状況により、住宅ローンの借り換えに求めるものは違います。
返済までの計画や、その家庭の将来までの見通しによって、借り換えの必要性や
理想的な形は違います。


固定金利制の住宅ローンを組んだ方がいいだろうと思われる家庭は、
このような環境の人です。
世帯収入に今までもこれからも大きな変化がなく、支出も一定である家庭は、
明瞭な返済計画を立てるためにも固定金利がいいかもしれません。


また、今後とも繰り上げ返済ができるほど貯蓄が増えるあてがない人も、
条件にあてはまります。借り換えは結婚や転職、独立などをすると難しくなるので、
リスクを減らしておくべきでしょう。
このような人たちは、金利変動のリスクが受けにくい固定金利の
住宅ローンへの借り換えがおすすめです。


住宅ローンを組んだ最初のうちは月々の返済額を重く設定し、
その後減らしていくという返済プランが都合がいいという人もいます。
転職の希望がある人や、共稼ぎのうちにローンをできるだけ返済し、
子育てが始まったらそちら注力したい人は考えてみてもいいでしょう。
住宅ローンの借り換えによって返済総額を少しでも減らすことができるのならば、
育児や介護など、事業の関係などで今後の支出が増えそうな人は
検討してみるべきです。


このような人は住宅ローンを金利変動の少ない固定金利型で、
長期返済プランにしてさらに繰り上げ返済を行うか、固定金利型と家計に
余裕の持てる時期まで(例えば子供の手が離れて妻が働きに出られる)の
10年固定とのミックスプランを組むかのどちかが借り換えの効果が
得られるプランだといえます。


将来の計画を確実に立てておきたい人ならば、変動要素の強い
変動金利制より固定金利制での返済が合うのではないでしょうか。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサーサイト
住宅ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

住宅ローン借り換えのコツ

借り換えをする時は、前の住宅ローンより、新しい住宅ローンの方が
条件がいいことが絶対条件です。
一番のメリットと言えるのは毎月の支払軽減だといえるでしょう。


借り換える際には、今までより1%以上金利の安い住宅ローンを選ぶべきです。
この場合注意すべき点としては、まだ返済の済んでいない住宅ローンが
1,000万円以上残っていることです。
ただこの条件を満たすことが難しい住宅ローン借り換えの場合でも、
工夫次第では借り換えの効果が出る場合があります。


金利差がほとんど変わらないままに借り換えを行ったとしても、
新しい住宅ローンでは完済までの期間を短く設定することで返済総額を
減らすという手法もありますし、自己資金を投入するという手段もあります。


金利にあまり差がない住宅ローン借り換えの場合でも、このような工夫と
組み合わせることで手数料等を含めても少ない返済総額に収めることができます。


その他、金利が1%未満でも変動金利性から固定金利性に借り換えることは、
今後の返済に有利に働く可能性があります。
結果的に金利が変わらなかったとしても、ライフスタイルの計画を立てる上で、
不安定要素が排除できるからです。


変動金利制の住宅ローンでは、今後の返済金利の数字がはっきりしないので、
返済総額の見通しが曖昧にしかつきません。
現状の金利がいつまで続くかわからないのです。
長い目で見た時、住宅ローン完済までの金額や期間が確実にわかるのは、
固定金利制です。
借り換えの目的はいろいろで、その方法も多様なものがあります。


住宅ローンの借り換えに際しては、メリットとデメリットが
入り乱れている部分もあります。
判断つきかねるのならば、金融機関の窓口で相談してみた方がいいでしょう。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

住宅ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

住宅ローンの借り換えとは

家を購入する時、住宅ローンを使わずに買う人はそういないでしょう。
どんなサイズの家でも、家を買うことは一生に一度か二度きりの買い物になります。
資産に驚くほど余裕があり、ローンなど組まなくても現金決済で
家を買うことができる人はそういるものではありません。


住宅を購入する際に、はじめに組んだ住宅ローンをあらたに組み替えるのが
住宅ローンの借り換えということになります。
住宅ローンの借り換えは、3年金利固定型住宅ローンから
35年金利固定型住宅ローンに借り換える、等という形で行われます。


この場合将来の金利上昇リスクを回避したことになります。
ただし、一つの金融機関が取り扱っている住宅ローン同士の中での
借り換えは普通は行いません。
今の金融機関とは異なる金融機関でローンを借り直すのがよくある形です。


住宅ローンの借り換えを考える理由で一番多いのは、
やはり今の支払いの軽減をしたいということでしょう。
この先金利が上昇すると予想する人は、変動金利制の住宅ローンではなく
固定金利制の住宅ローンに借り換え、金利を現状に固定したいと
考えているようです。


ただし、住宅ローンの借り換えにかかる手数料や手間については、
十分考えるべきでしょう。
思いつきで借り換えをするのではなく、銀行の借り換え相談などで
じっくり話を聞いてみましょう。
住宅ローンを新しいものに借り換えることによってどんな利点があるのか、
逆にどのような欠点があるか、しっかり把握してから実行に移すべきです。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

住宅ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

進学ローンの種類

進学ローンには、公的ローンと民間ローンの2種類があります。
金利では安く固定制である方が公的ローンです。
使途制限が緩く、審査に当たって所得や融資額の条件が比較的いいのが
民間ローンですが、民間ローンは公的ローンほど金利が安くありません。
ただし民間の進学ローンはシーズンによって金利優遇キャンペーンが
行なわれるところもありますので秋から春までがねらい目です。


国の公的な進学ローンには、国民生活金融公庫が融資する
教育一般貸付があります。
年金教育貸付は各都道府県の年金福祉協会の融資による公的ローンであり、
郵便貸付は郵便局の融資によるものです。
子供の保護者が融資対象となるもので、年収等で制限されます。
大学、大学院、短期大学の進学費用に使う他、高等学校、専修学校、
予備校に対しても使えます。


限度額は融資元や世帯の年収ごとに異なりますが、公的ローンの場合は
大体200万円程度とされているようです。
銀行、労働金庫、JAでも教育ローンを扱っており、これらが民間ローンです。
金利の変動タイプ、変動タイプ、担保の有無、限度額や諸制限なども様々で、
色々な商品があるのが民間の教育ローンの特色です。


銀行では、総合口座などの取引状況によって、進学ローンの金利を
優遇するところがあります。
その他に、教育ローン以外のキャッシング利用状況などを確認して、
融資額を制限するなどもしています。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

進学ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

進学費用とローンの役割

教育にかかる費用をローンで補うことを考えたことはありますか?
産まれた時から将来の教育費用を見通し、着実に準備できれば一番です。
教育ローン等を利用せず、貯蓄だけで子供の教育を最後まで終わらせたいならば、
どのくらいの額を用意すべきでしょうか?


「教育費はいくら必要だと思いますか」、というアンケートをしたところ、
2006年の時点で子供1人当たり約450万円~550万円という答えを
あげた人が半数を占めたそうです。
大学を卒業するまでにかかる費用を準備する時は、大学入学までに
大学でかかる費用の約半分を用意しておきたいものです。


教育費や大学生活にかかる費用はどの大学に行くかで大きく異なります。
自宅から国立大学に通うパターンが一番費用が、安くて約500万円。
自宅外から私立大学に通うパターンでは、倍の1,000万円が
4年間の費用としてかかります。


進学費用・教育費用の貯蓄目標額はこの半分になるので、
250万~500万円です。
この試算は1人の子供に対してかかる費用なので、2人、3人の子供がいる時は
子供ごとに準備が必要になります。


大学に入る前に必要な教育費は月々の収入でまかなえる範囲内であることが
望ましく、教育費として貯めたお金は大学進学に使う形ができればいいでしょう。
子供時代の教育費用に貯めたお金に手をつけるようなスタイルでは、
先々の準備は不可能です。


それでも私立や遠方の学校に通うことになったり、お金のかかる学習が
必要になったりと不測の出費があってもおかしくありません。
想像以上に幼少時の教育費がかさんで手が回らなくなったり、
収入的な問題で貯蓄が難しいままに大学進学が決まった時などは、
進学ローンを使うことになります。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

進学ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。