ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングを利用したおまとめローン

銀行系のキャッシング商品のうちのひとつに、まとめローンというものがあります。
手早い審査や貸し付け条件の緩い消費者金融商品は増えており、
消費者金融系のキャッシングでは気軽に借りることができます。


ですが安易な気持ちでお金を借り続け、返済のために他社のキャッシングを
利用しはじめたりすると、ゆくゆくは多重債務状態になって
お金の返しようがなくなるかもしれません。


多重債務状態を解消するためにあるのが、この、
「おまとめローン」と呼ばれるものです。
複数から融資を受けていたキャッシングを一本にまとめることで、
月の返済額を減らすことができます。


そして元本が一時的に大きくなっても、
最終的に返済する金額が少なくなるようにするのです。
まとめローンに向いているのが銀行系のキャッシングなのです。


低金利のキャッシングに借り換えすることによって、
毎月の返済はかなり楽になります。
銀行系キャッシングは低金利の借り換えローンを提供することで、
キャッシング返済を助け、顧客の信用を得た後、住宅ローンや年金などの
別の金融商品に繋げて資産運用の機会を得ようとしています。


しかし上手に使うことで、返済額を減らすことのできるまとめローンですが、
利子分を減らすことはできても、借金を帳消しにできるものではありません。


無事にローンを一本化できたら、後は返すだけです。
計画的に返済しましょう。
不意の出費がかさんでどうしようもなくなったり、
どうしても今すぐ払わなければならないものがある時は、
そのための貯蓄があることが理想的です。
けれど無理な場合は銀行系キャッシングが心強いでしょう。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサーサイト
銀行系キャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングの返済

事前に返済計画をしっかり立てることがキャッシング利用のコツですが、
返済方式は銀行毎に少しずつ違います。
桁数の多い計算が絡むので、ぱっと見ではややこしい計算に
思えるかもしれません。


しかし返済までの計画をしっかり立てなければ、いざ返す段になったら
思うようにいかずに返済不能に陥ってしまった、という展開も起こりえます。
「どのくらいの額を」「全部で何回で」返すか、それは実行可能なプランか、
その点だけは理解しておく必要があります。


銀行系キャッシングの主な返済方式は、リボルビング返済方式と
呼ばれる方法です。
返済回数ではなく、返済金額があらかじめ一定額に決められている仕組みで、
借り増しのしやすさが特徴です。


銀行系キャッシングの返済では、リボルビング返済の方式のひとつに、
残高スライド方式と呼ばれるものもあります。
残高スライド方式は、残高によって1回の返済金額が段階的に変わる
合理的な仕組みです。
返済日は30日ごとに返済日が来るタイプと、
35日ごとに返済日が来るタイプがあります。


なお、指定された返済日は最低限度返すべき金額であり、
規定の額より多く返しても問題はありません。
金利は年率で表示されますが、返済額の実際の計算は日割りで行います。
計算上では、借りた日に返せば利息はつきません。
より早い方が利息は安く済むのです。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

銀行系キャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングの審査

キャッシング会社から融資を受けるためには、会社が求める一定の審査を
パスする必要があります。
審査はお金を返済する能力があるかどうかを調べるものです。


少し前まで、審査に時間がかかりすぎるのが
銀行系キャッシングのウィークポイントでした。
ただし、今は長いとは限りません。


三菱東京UFJ銀行モビットや三井住友銀行アットローンは、
秒の早さで審査結果が出るのです。
銀行系キャッシングの審査もかなりスピーディになりました。


審査のチェックポイントは年齢や生別、どんな会社に何年勤めているかなどです。
既婚か未婚か、家を持っているかなども審査項目です。
目安としては、銀行系キャッシングの融資を受けるには
勤続年数2年以上くらいが必要です。


キャッシング会社が調べるものは安定収入があるかどうかで、
雇用形態や勤続年数を調べるのは安定性のチェックです。
つまり年収が単純に多いかどうかより、月収が安定しているかどうかが
審査対象になっているのです。


また、これまでのキャッシング利用歴やきちんと返済をしているかなども
調査対象になります。
返済が滞った前歴があったり、複数のキャッシング会社から
融資を受けている人は銀行系キャッシングの審査が
非常に通りにくくなります。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

銀行系キャッシング | Trackback:(2) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングの特徴

大手の銀行や地方銀行を基盤に作られた消費者金融が銀行系キャッシングです。
そのため信用力が高く、キャッシングが初めてで警戒心がある人でも
銀行系キャッシングなら安心して受けることができます。


これまで、個々人に対してのキャッシングサービスを行う銀行はありませんでした。
今では、大手銀行や地方都市銀行は収益改善のために
キャッシング市場に参入しました。
そして銀行系という信用力で消費者を取り込みたいと考えています。


個人に向けた融資を行っていなかった銀行は、ノウハウがありませんでした。
銀行はキャッシング市場に参入するために新しい会社を作り、
消費者金融の会社と提携してシステムを構築しました。


銀行系キャッシングの実質年率は約18%。
他のキャッシングサービスに比較して低金利です。
たいていは申し込みから実際の貸し出しまで時間がかかることです。


銀行系キャッシングの利用はお手軽にはいきませんが、
多くの融資を長期に受けたい時に向いています。


お金を返す時は、決まった日に口座から引き落とされます。
実際の金利は月割として計算します。




この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

銀行系キャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。