ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

借金の時効喪失と時効放棄

借金の時効には、喪失と放棄という法律があります。
キャッシングの返済までの時効を数える時、両者の条件を知っておく必要があります。


放棄については、お金を借りる時に時効の権利を放棄しておくことは
できないと民法で定められています。
時効までの期日が過ぎても時効を主張しないと借りる時に決める、
という行為は認められていないのです。


これは借りる側を守るための法律で、契約時に立場の弱さを
利用されないようにしているのです。
時効は前もって放棄しておくことはできませんが、定められた時効が
確定してからなら放棄することができることに注意しましょう。


時効の喪失は、時効が完成しているにもかかわらず、借金時効にはなりません。
返済の義務は時効完成前と代わらず存在します。
時効が成立していても、返済を認める行為や返済に同意する行為をした時に、
時効の権利は喪失します。


時効の喪失とは、時効が成立しているかどうかに関わらず、払う意志があるならば
払うべきであり、相手方の期待を裏切るべきではないとい考えに基づいており、
時効が成立しているからという理由で借金の消滅を主張する態度は
よくないという原則によるものです。


喪失と放棄は一見同じもののように見えますが、異なる点があり、
放棄は一度行われると今後一切時効が成立しません。
喪失の場合、再び条件を満たせば時効の権利を主張できます。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサーサイト
借金の時効 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

借金の時効中断について

消費者金融で借金をした場合の消滅時効は5年です。
ただし、時効の権利は一定の条件を満たされると消滅し、
時効期間は最初から数え直しになります。


債権者が裁判に訴えたり、負債者が返済に同意する類の行動を取った場合、
この条件は適応されることになります。
時効に必要な日数は数え直されることになり、今まで数えていた日数は
全て0に戻ってしまいます。


融資を行った金融会社側からの差し押さえ請求や、借りた側からの
債務の承認は時効の中断か適用される条件です。
民法によって、これらは決められている内容です。


ただし、金融会社側の請求は裁判に訴えた時のことで、
返済遅延を指摘する封書や電話だけでは時効は中断されません。


時効が中断する事例として、請求が内容証明郵便で届いた時があります。
半年以内に裁判上の請求をされることで適用されます。
郵便物は封を開けなければ問題ないと考えている人がいるようですが、
そんなことはありませんので注意しましょう。


一旦は借金時効が成立したにもかかわらず、金融業者からの督促に応じて一部を
支払ってしまった場合、借金時効の権利を放棄したと見なされる可能性があります。
金融業者側はそれをわかっていますので、時効期間が過ぎた借金でも
普通に返済依頼を出してきます。


もし減額提案書などに署名をすると、借金の存在を認めたことになるので、
返済義務が消えないのです。
借金時効までの期間を数えていても、途中で減額提案書に署名するなどして
借金の存在を認めてしまえばその日が新しい起算日となり、期間は数え直しです。




この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

借金の時効 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

借金の消滅時効について

時効とは、ある一定の事実状態が長期間持続した時に、権利の取得や
消滅が発生することです。


時効にはいくつかの種類があり、刑事事件では刑の時効と控訴の時効、
民事事件では消滅時効と取得時効というものがあります。
借金の時効は、民事事件の消滅時効というものによります。
時効の制度はこの他に色々な場面に適用され、殺人の時効なども
この制度によるものです。


借金が消えるのは、消滅時効の条件を満たした時になります。
キャッシングローンなどで作った負債が時効によって消滅するための期間は、
契約日か最後に返済をした日から数えて5年と定められています。
金融会社は、消滅時効が援用されたキャッシングについては請求ができません。


時効によって借りたお金を返さずによくなるには、借りた側がお金を返済していないこと、
貸した側がお金を請求していないこと、そしてこの状況が5年続かなくてはなりません。
ですが、ただ放置していれば借金が消えるという都合のいい話ではありません。
キャッシングなどで借りたお金を返さずに済ませるには、時効期間の経過した後に、
相手にその旨を通知する必要があります。


時効までの5年の日数の数え方にも条件があり、いくつかの条件が満たされることで
日数の計算が止まったり振り出しに戻ったりします。
確かに5年が経過すれば借金の時効の援用は可能ですが、実際はなかなか困難です。
訴訟を起こされたり、返済に応じる行動をした段階で時効は成立しないのです。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

借金の時効 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。