ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

進学ローンの種類

進学ローンには、公的ローンと民間ローンの2種類があります。
金利では安く固定制である方が公的ローンです。
使途制限が緩く、審査に当たって所得や融資額の条件が比較的いいのが
民間ローンですが、民間ローンは公的ローンほど金利が安くありません。
ただし民間の進学ローンはシーズンによって金利優遇キャンペーンが
行なわれるところもありますので秋から春までがねらい目です。


国の公的な進学ローンには、国民生活金融公庫が融資する
教育一般貸付があります。
年金教育貸付は各都道府県の年金福祉協会の融資による公的ローンであり、
郵便貸付は郵便局の融資によるものです。
子供の保護者が融資対象となるもので、年収等で制限されます。
大学、大学院、短期大学の進学費用に使う他、高等学校、専修学校、
予備校に対しても使えます。


限度額は融資元や世帯の年収ごとに異なりますが、公的ローンの場合は
大体200万円程度とされているようです。
銀行、労働金庫、JAでも教育ローンを扱っており、これらが民間ローンです。
金利の変動タイプ、変動タイプ、担保の有無、限度額や諸制限なども様々で、
色々な商品があるのが民間の教育ローンの特色です。


銀行では、総合口座などの取引状況によって、進学ローンの金利を
優遇するところがあります。
その他に、教育ローン以外のキャッシング利用状況などを確認して、
融資額を制限するなどもしています。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサーサイト
進学ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

進学費用とローンの役割

教育にかかる費用をローンで補うことを考えたことはありますか?
産まれた時から将来の教育費用を見通し、着実に準備できれば一番です。
教育ローン等を利用せず、貯蓄だけで子供の教育を最後まで終わらせたいならば、
どのくらいの額を用意すべきでしょうか?


「教育費はいくら必要だと思いますか」、というアンケートをしたところ、
2006年の時点で子供1人当たり約450万円~550万円という答えを
あげた人が半数を占めたそうです。
大学を卒業するまでにかかる費用を準備する時は、大学入学までに
大学でかかる費用の約半分を用意しておきたいものです。


教育費や大学生活にかかる費用はどの大学に行くかで大きく異なります。
自宅から国立大学に通うパターンが一番費用が、安くて約500万円。
自宅外から私立大学に通うパターンでは、倍の1,000万円が
4年間の費用としてかかります。


進学費用・教育費用の貯蓄目標額はこの半分になるので、
250万~500万円です。
この試算は1人の子供に対してかかる費用なので、2人、3人の子供がいる時は
子供ごとに準備が必要になります。


大学に入る前に必要な教育費は月々の収入でまかなえる範囲内であることが
望ましく、教育費として貯めたお金は大学進学に使う形ができればいいでしょう。
子供時代の教育費用に貯めたお金に手をつけるようなスタイルでは、
先々の準備は不可能です。


それでも私立や遠方の学校に通うことになったり、お金のかかる学習が
必要になったりと不測の出費があってもおかしくありません。
想像以上に幼少時の教育費がかさんで手が回らなくなったり、
収入的な問題で貯蓄が難しいままに大学進学が決まった時などは、
進学ローンを使うことになります。



この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

進学ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。