FC2ブログ
ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

銀行系消費者金融の限度額

利用限度額は1人1人の審査結果に応じて決まり、
その中で融資を受けられます。
審査基準は消費者金融会社ごとに決まっており、
基準に合う人は高い金額の融資が可能です。


大口の融資をしてもらいやすいのは、銀行系のキャッシング会社です。
DCキャッシュワンやモビットはそれぞれ銀行を母体とする
銀行系キャッシングで、他にも幾つかあります。
一例をあげると、最高融資額が300万円というところもあります。


消費者金融では、この他にも高いお金を融資してもらえるところはあります。
限度額は最初の審査段階で決定されますが、
その後の返済状況で増えることも減ることもあります。


気をつけるべきことは、返済をきちんと行うことです。
それで限度額を引き上げてもらえるかもしれません。
消費者金融は「信用」した人に対しては限度額を
アップしてくれることがあります。


信用アップの最短方法はきちんと返済することで、
逆に延滞があるとアウトになります。


また、契約時の審査で高めの限度額だったとしても、
転職や引越の連絡をせずに放置しておくと信用は失われ
以後の限度額が下がります。


カードキャッシング会社と良好な関係を作っておくことが、
借り入れがしやすい状況を作り続けるコツです。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサーサイト
消費者金融・サラ金 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]

消費者金融で借りやすい人

どんな消費者金融会社でも、キャッシングローンを利用するためには、
「成人しており安定収入があること」が前提です。
そこに職業や年齢、年収などの情報に基づいて審査が行われます。


審査の一部として、信用情報機関への情報確認があります。
信用情報機関という、消費者金融の加盟で成り立っている団体があります。
過去数年間にローン会社から融資を受けているか、
その返済は済んでいるかなどが記載されています。


過去に返済が滞ったことがないことが重要な条件であり、
きちんと返済を済ませている人は審査は通れます。
離職率の低い職業についている人や公務員は、
比較的楽に審査に通れます。


消費者金融の審査では収入の高さよりは
月々の収入が安定しているかが重要です。
消費者金融は無職では返済能力がないと判断されるため、
審査で確実に落とされます。


これらの他に審査に通りやすい人は、
家族と共に持ち家に住んでいる人です。
そういう人は返済を放棄せず逃げずに返す例が多いためです。


このように、条件は種種様々ですが、審査要件を満たせなくても
まだ希望はあります。
借りやすいカードローンや、女性向けや学生向けなどもありますので
色々探してみれば自分の条件に合ったものを当たってみましょう。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

消費者金融・サラ金 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

カードキャッシング返済時の注意点

カードキャッシングの返済を続けるにあたって、突然の出費や
不測の事態などで、今月の返済がどうしてもできないということも
起こるかもしれません。
返す目処は立っていたのに、急な冠婚葬祭やリストラなどが起きて
カードのキャッシング返済ができない可能性はなきにしもあらず。


違うキャッシング会社から融資を受けて、そのお金を返済に当てる
という方法は一見簡単なように見えるかもしれません。
借りている先が変わるだけ、と。
それは到底お勧めできない方法です。
その月はそれでしのげますが、一度カードを作ると以後の借り入れが
しやすくなってしまいます。


また、個別に利息がつくので結果的に返済がきつくなるのです。
返済日の引き延ばしや調整は難しいですが、キャッシング会社に
事情を話すことで相談に乗ってもらえることもあります。


どうしてもその月は払えない場合、返済予定額のうち利息分を支払って
最終的な支払い終了日を先延ばしにすることができます。
カードキャッシングの返済総額は増えますが、
とりあえずその月の返済は済ませた形になります。


カードキャッシング会社は、返済日を過ぎてもお金が入ってこない場合は
会社や家に催促の電話をかけます。
この時は会社名は出さないので、この電話がきっかけで
キャッシングの利用がばれるということはありません。


払えない時ほど事前の連絡はとても重要で、きちんと
連絡を入れなければなりません。


カードキャッシングには情報を共有し返済記録を残すための
信用情報機関があります。
ここに「事故情報」として「延滞」と登録されると5年間も保有されるのです。


登録条件は、61日以上か3ヶ月以上返済を滞らせている人です。
消費者金融やクレジットカードの申し込み時の審査にはこの情報も
参照されており、事故情報がある人は審査で落とされがちです。


返済時の手続きと借りる時の手続きを比べると、むしろ借りる時の方が
難しいはずですが、同じ場所に赴くにしても返済日の方が行きにくいようです。


トラブルなく返済を済ませるには、できるだけ早く返済を
終わらせたいという気持ちでいた方がいいようです。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

カードキャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

カードキャッシングの返済

近年では簡単にキャッシングができるようになり、
カードキャッシング返済が困難になる傾向があるようです。


現代においてキャッシング利用が容易になったとしても、
人のお金を借りているという点は同じなのです。
借りたお金であるという認識を忘れず、払いきれない買い物をしないように
気をつけなければなりません。


返済日は、カードキャッシングでお金を借りた時に取り決めによって定めます。
希望する返済日を候補の中から選ぶ会社と、返済日を指定し
月々どの日に返すかを定める会社などがあります。


基本的にはカードキャッシング返済は毎月1回になります。
ただし、定められた日以外にも返済は可能で、最初に返済日を
決めたからとその日だけということはありません。


期日以外の支払いは認められているので、こだわる必要はありません。
当然、早めに返した方が利息が少なくなりますので
結果的には得になるでしょう。


返済日以外の支払いが、正式の返済日の14日以内前ならば、
その月の返済日の返済扱いになります。
ただし14日以上だと通常の返済日にも支払いをしなければなりません。


例えば7日に返済を済ませた場合、月の返済日が22日以前であれば
この月の返済義務は終わりですが、22日以降が返済日ならぱ
22日にも返済しなければなりません。


早く返したいという思いは問題ないのですが、
時期を誤って返済しそびれないようにしましょう。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

カードキャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングの審査

キャッシング会社から融資を受けるためには、会社が求める一定の審査を
パスする必要があります。
審査はお金を返済する能力があるかどうかを調べるものです。


少し前まで、審査に時間がかかりすぎるのが
銀行系キャッシングのウィークポイントでした。
ただし、今は長いとは限りません。


三菱東京UFJ銀行モビットや三井住友銀行アットローンは、
秒の早さで審査結果が出るのです。
銀行系キャッシングの審査もかなりスピーディになりました。


審査のチェックポイントは年齢や生別、どんな会社に何年勤めているかなどです。
既婚か未婚か、家を持っているかなども審査項目です。
目安としては、銀行系キャッシングの融資を受けるには
勤続年数2年以上くらいが必要です。


キャッシング会社が調べるものは安定収入があるかどうかで、
雇用形態や勤続年数を調べるのは安定性のチェックです。
つまり年収が単純に多いかどうかより、月収が安定しているかどうかが
審査対象になっているのです。


また、これまでのキャッシング利用歴やきちんと返済をしているかなども
調査対象になります。
返済が滞った前歴があったり、複数のキャッシング会社から
融資を受けている人は銀行系キャッシングの審査が
非常に通りにくくなります。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

銀行系キャッシング | Trackback:(2) | Comments(-) | [編集]

銀行系キャッシングの特徴

大手の銀行や地方銀行を基盤に作られた消費者金融が銀行系キャッシングです。
そのため信用力が高く、キャッシングが初めてで警戒心がある人でも
銀行系キャッシングなら安心して受けることができます。


これまで、個々人に対してのキャッシングサービスを行う銀行はありませんでした。
今では、大手銀行や地方都市銀行は収益改善のために
キャッシング市場に参入しました。
そして銀行系という信用力で消費者を取り込みたいと考えています。


個人に向けた融資を行っていなかった銀行は、ノウハウがありませんでした。
銀行はキャッシング市場に参入するために新しい会社を作り、
消費者金融の会社と提携してシステムを構築しました。


銀行系キャッシングの実質年率は約18%。
他のキャッシングサービスに比較して低金利です。
たいていは申し込みから実際の貸し出しまで時間がかかることです。


銀行系キャッシングの利用はお手軽にはいきませんが、
多くの融資を長期に受けたい時に向いています。


お金を返す時は、決まった日に口座から引き落とされます。
実際の金利は月割として計算します。




この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

銀行系キャッシング | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。