ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

借金の時効喪失と時効放棄

借金の時効には、喪失と放棄という法律があります。
キャッシングの返済までの時効を数える時、両者の条件を知っておく必要があります。


放棄については、お金を借りる時に時効の権利を放棄しておくことは
できないと民法で定められています。
時効までの期日が過ぎても時効を主張しないと借りる時に決める、
という行為は認められていないのです。


これは借りる側を守るための法律で、契約時に立場の弱さを
利用されないようにしているのです。
時効は前もって放棄しておくことはできませんが、定められた時効が
確定してからなら放棄することができることに注意しましょう。


時効の喪失は、時効が完成しているにもかかわらず、借金時効にはなりません。
返済の義務は時効完成前と代わらず存在します。
時効が成立していても、返済を認める行為や返済に同意する行為をした時に、
時効の権利は喪失します。


時効の喪失とは、時効が成立しているかどうかに関わらず、払う意志があるならば
払うべきであり、相手方の期待を裏切るべきではないとい考えに基づいており、
時効が成立しているからという理由で借金の消滅を主張する態度は
よくないという原則によるものです。


喪失と放棄は一見同じもののように見えますが、異なる点があり、
放棄は一度行われると今後一切時効が成立しません。
喪失の場合、再び条件を満たせば時効の権利を主張できます。

スポンサーサイト


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

借金の時効 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。