ショッピング枠を即現金化!
▲誰にも知られずに現金化!24時間いつでもネットでお申し込み受付中!!▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

個々人の状況により、住宅ローンの借り換えに求めるものは違います。
返済までの計画や、その家庭の将来までの見通しによって、借り換えの必要性や
理想的な形は違います。


固定金利制の住宅ローンを組んだ方がいいだろうと思われる家庭は、
このような環境の人です。
世帯収入に今までもこれからも大きな変化がなく、支出も一定である家庭は、
明瞭な返済計画を立てるためにも固定金利がいいかもしれません。


また、今後とも繰り上げ返済ができるほど貯蓄が増えるあてがない人も、
条件にあてはまります。借り換えは結婚や転職、独立などをすると難しくなるので、
リスクを減らしておくべきでしょう。
このような人たちは、金利変動のリスクが受けにくい固定金利の
住宅ローンへの借り換えがおすすめです。


住宅ローンを組んだ最初のうちは月々の返済額を重く設定し、
その後減らしていくという返済プランが都合がいいという人もいます。
転職の希望がある人や、共稼ぎのうちにローンをできるだけ返済し、
子育てが始まったらそちら注力したい人は考えてみてもいいでしょう。
住宅ローンの借り換えによって返済総額を少しでも減らすことができるのならば、
育児や介護など、事業の関係などで今後の支出が増えそうな人は
検討してみるべきです。


このような人は住宅ローンを金利変動の少ない固定金利型で、
長期返済プランにしてさらに繰り上げ返済を行うか、固定金利型と家計に
余裕の持てる時期まで(例えば子供の手が離れて妻が働きに出られる)の
10年固定とのミックスプランを組むかのどちかが借り換えの効果が
得られるプランだといえます。


将来の計画を確実に立てておきたい人ならば、変動要素の強い
変動金利制より固定金利制での返済が合うのではないでしょうか。

スポンサーサイト


この記事は役に立ちましたか?
▼当サイトは只今ランキングに参加中です!▼
人気ブログランキング

住宅ローン | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 借入・キャッシング・審査の基本のキ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。